×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

低金利の銀行ローンの審査基準について

できるだけ低金利で融資を受けたいという人は、銀行からのローンを検討してみましょう。

 

住宅ローンはとくに銀行で組む人が多いと思います。

銀行

銀行で住宅ローンを組む場合の審査基準について知っておくことが大切です。

 

フラット35という長期固定金利サービスを利用する人もいますが、審査基準はとても厳しいものとなっています。
大手の都市銀行や、地方銀行は住宅ローンの貸し付けに特に力を入れています。
とくに民間の銀行と不動産会社が提携している場合にはかなり低金利でローンを組むことが可能です。

 

民間の銀行から住宅ローンの融資を受ける場合、どんな審査基準で判断されているかは明確にはわかっていません。
年収は、フラット35ほど高く設定されていないらしいと言われています。

 

低収入の若年層の人でも最近はある程度の基準を満たしていれば頭金がなくても低金利でフルローンを組めるようになっています。

 

低金利の銀行ローンを組む場合の審査内容はまずなんといっても年収です。
勤続年数が3年以上あることも条件になってきます。
業種や、勤務形態も審査の内容として問われています。
自営業や契約社員の場合、審査に通りにくくなっているといいます。

 

他のローンの借り入れ状況なども見られるので要注意です。

 

他にもさまざまな部分で審査がされますが、明確な基準というのは各銀行によって違います。

 

大まかな目安としては、収入が安定しており、正社員として現在の会社に3年以上勤務しているという人です。

 

そういう人は銀行ローンがおすすめです。